みどりくんブログ

『みどりむし』が行く!(新あっぱれみどりくんfx)新発売です(2)・・・

 

先日、『新あっぱれみどりくんfx』についてご紹介しましたが、今回内容についてもう少し詳しくお話させて頂きたいと思います{#emotions_dlg.happy01}

以前のものと比べ、(ミドリムシ)を1カプセルあたり200mgから230mgに増量し、粒数も90粒入から100粒入に変更しましたが価格は据え置きだということもお話しました{#emotions_dlg.notes}

今回は、新しく中に配合された成分について少し詳しくお話したいと思います{#emotions_dlg.confident}


 

 

ビルベリーについて・・・

ビルベリーに含まれるアントシアニンは目の健康や抗酸化に大変良いと注目されています。                         

眼精疲労や視力回復,強力な抗酸化,毛細血管の保護などがあげられます。                                  

網膜の機能性低下や白内障を防ぎ、糖尿病が原因の眼の病気予防などに役立ちます。                                                                                                       

またアントシアニンには茶タンニンやビタミンEと同等レベルの強力な抗酸化作用があります。                    

その他コラーゲンを強化する作用や傷の回復を早める,筋肉をリラックスさせる,血液をサラサラにして、血管の老化や循環障害を改善するなど様々な作用があります。                                    

網膜で光を感じるために必要な物質が「ロドプシン」といわれる物質で、体内で合成されるのですが、目を使っている内にどんどんと分解されていき、さらに加齢や栄養不足によって合成能力が低下してしまいます。                                                    

アントシアニンには「ロドプシン」の再合成を活性化する働きがあるので、眼の疲労がとれ、視野が広がり、夜間でも暗闇に目が慣れる時間が著しく早くなるという効果が現れてきます。                                     

その効果は大変早く、摂取した4時間後にはピークに達し、24時間継続しますので毎日摂取することが大切です。                                                                          

ビルベリーは、1976年イタリアで初めて医薬品として製造が承認され、その後もヨーロッパをはじめ                 ニュージーランド、韓国など、多くの国で医薬品とし利用されています。 

 

L-テアニンについて・・・

シスチンは、もともと(みどりむし)自身が持っている成分で、含流アミノ酸の一種です。                         

 髪の毛を作っているたんぱく質の成分で、主なはたらきとしては傷の治癒の促進、ブドウ糖の代謝などがあげられます。

シスチンは、体内で代謝されると硫黄を出し、ほかの物質と反応して解毒するはたらきもあるので、有毒金属や喫煙、飲酒などで生じるフリーラジカル(活性酸素)や、ある程度の量を摂取することで、放射線などの害から体を守ることができるといわれています。                                                               

テアニンは、摂取すると、血液脳関門を通過して脳内に移行し、脳をリラックスさせα波を出すと考えられています。

睡眠障害には、脳がリラックスするためイライラが軽減され、頭がスッキリし快適な睡眠が得られるようになるという効果が起こります。                                                                         

女性の身体にとってもテアニンはとても良い働きをしてくれます。女性の約8割が何らかの悩みを持っているといわれるPMS(月経前症候群)を緩和するのです。                                                  月経前の怒りっぽくなる、疲れやすい、むくむ、仕事がいやになるといった辛い症状を改善します。               

上記のシスチンテアニンが結びつくことにより、次のような研究結果も出ています。                        2011年2月に、味の素が、東京大学と仙台オープン病院との共同研究で、アミノ酸の一種であるシスチンテアニンの  摂取が、スポーツや手術の後の疲労を早期に回復させる効果があることを発見したと発表しました。                                              

一般的にマラソンなどの激しい運動をすると、体内で炎症反応が起き、体調不良になりやすくなりす。                                                         

研究では駅伝選手やボディービル選手に運動後、シスチンとテアニンを摂取させたところ、摂取していない選手に比べ、顆粒球の増加とリンパ球の低下が抑制されました。                                            

また、仙台オープン病院で、胃の切除患者を対象に10日間摂取させたところ、臨床実験でも同様 の成果が表れたほか、手術後の体温上昇も抑制できたということで、日本静脈経腸栄養学会で発表されました。

 

低分子ヒアルロン酸について・・・

高い保湿効果があるといわれているヒアルロン酸。                                              

もともとヒアルロン酸は私達の体の中で作られていて、関節や皮膚などに多く含まれています。

関節部分では骨と骨の接触をなくして動きを滑らかにするゼリー状の成分として活躍し、肌や目で水分をたっぷりと保つ成分として大切な役割をしています。

 ヒアルロン酸が体の中で作られなくなると、肌が乾燥し、シミやシワができやすくなり、肌のハリがなくなってエイジングの 症状も現れてしまいます。

また、関節でクッションの役割を果たしていた成分がなくなってしまうため、関節痛や五十肩などの原因になったりする事 もあるようです。                                                                  

目の表面に存在しているヒアルロン酸が不足すると、眼球が乾燥するのでドライアイになりやすくなり、目が疲れやすくな ってしまいます。                                           

細胞と細胞の間の隙間を保水成分で満たしてくれるヒアルロン酸のおかげで、体の外から侵入してくる外部からの細菌などに対する免疫力も高まり、病気に対する抵抗力も強くなります。                                           

ヒアルロン酸が十分に摂取できている体は、免疫力や抵抗力も高いので病気になりにくいのです。

若い時には体内で活発に生成されるので問題ありませんが、年齢とともに体内での生成が減少してきてしまいます。


 

成分の持つ力については、まだまだお話ししきれないほど内容は深いのですが・・・{#emotions_dlg.coldsweats01}

如何でしょうか{#emotions_dlg.happy01}

ミドリムシ)と上記の成分を配合した『新あっぱれみどりくんfx』で健康で元気な体になりましょう{#emotions_dlg.shine}


 

 

 

ミドリムシ 東京大学 /ユーグレナが、テレビで紹介されましたtv


 

 

 

みどりむし/みどり虫のクッキーが紹介されていますよscissors

 


 

 

 

 


トラックバック

http://cms.selesite.com/cms/mt-tb.cgi/7342